top of page

洗濯で海を汚す

マイクロファイバーは、水中に大量に存在するため、水や空気の質だけでなく、海を取り巻くすべての多様性をも損なう、海の環境における生物に近い存在となっています。この場合、マイクロファイバーの環境中への排出には、衣服の設計と製造が重要な役割を果たすことになります。


Photography: @sami_oliver_nakari | Stylist: @robypeach | Mua: @roscino–makeup | Model: @francesca_cobucci | Agency: @urbanmodelmgmt


現在、プラスチック製品の環境負荷に関する問題の多くは、設計段階での考えや行動の欠如に起因しています。衣料品におけるサステナビリティは、世間一般の知識として非常に重要であり、私たち全員が関心を持つべき問題であり、そうであれば、傍観者でいるのはやめませんか?


ファストファッション業界では、製造工程で、一見無害に見えるが、洗濯するとプラスチックの小さな粒子や破片が出る合成素材100%の衣料品が増えています。なぜなら、多くの服は本当にプラスチックで、衣服の形をしているからです。また、衣服の作り方にも問題があり、品質が悪く、裁断やパーツの接合に強度がなく、逆に弱いと、動きの摩擦で分離・拡散するマイクロファイバーがさらに多くなってしまいます。これらの粒子は非常に小さいため、川や海に到達するのを防ぐ下水道フィルターがなく、深刻な環境問題を引き起こしています。



Photography: @sami_oliver_nakari | Stylist: @robypeach | Mua: @roscino–makeup | Model: @francesca_cobucci | Agency: @urbanmodelmgmt


なぜなら、ファストファッションの服はすべて合成素材でできており、寿命が短く大量生産されるため、ゴミになり、汚染され、洗濯の際に何千ものマイクロファイバーが放出されるからです。


ソリューション:サステナブルファッション-防水衣料


2015年のデザイナー、ジェセル・ラウは、衣服を構成するパーツの接合に耐久性を持たせるための素材と技術を取り入れました。イタリアのアルタ・ローマで発表されたイクイリブリアム・コレクションの生地は、コンパクトで厚みがあり、糸を織り込んでプレスしているため、常に洗濯しなくても衣服が長く清潔に保たれ、環境にマイクロファイバーを放出するのを防ぐことができ、撥水撥油加工されているので汚れがつきにくく、洗濯水の節約とエネルギーの削減に貢献します。



Photography: @feddegarza | Stylist: @haute__a__porter | Model: @jehsellau


Photography: @feddegarza | Stylist: @haute__a__porter | Model: @jehsellau



現在、オート・ア・ポルテのコレクションは販売中です。


結局のところ、テキスタイルのデザインは、洗濯によって大気や海を汚染するこれらの粒子の放出に直接影響を与えるということがわかります。


それは、ファッション業界にとってサステナブルデザインの重要性を強調し、責任ある社会として奨励し、責任ある消費を行うべきだというメッセージでもあります。


参考文献


Fernández V.(2016). Las microfibras de la ropa contaminan los océanos. de Geoinnova Website: https://geoinnova.org/blog-territorio/microfibras-contamina-los-oceanos/


Nahir. (2019). MICROFIBRAS. LAVAR LA ROPA CONTAMINA LOS OCÉANOS. de Esturirafi Website: https://www.esturirafi.com/2019/04/microfibras-contaminacion-oceanos.html

UNIVERSITY OF PLYMOUTH. (2020). Wearing clothes could release more microfibers to the environment than washing them. By Eurekalert Website: https://www.eurekalert.org/news-releases/757330



留言


bottom of page